ほうれい線の予防に必要な3つのこと

ほうれい線は誰にでもあり、年齢を問わずいつでも目立つようになってしまう
可能性があるということを理解し、若いうちからほうれい線が目立たないように
(もちろん年齢を重ねてからも)意識して予防を行っていかなければなりません。

 

予防策として大切なことは1にも2にも肌の保湿です。

 

 

とにかく肌が水分不足になることがないように、しっかり水分を補給させてみずみずしい肌を
保たなくてはなりません。水分を肌に浸透させることは“=保湿”ではないということを理解するのも必要です。
保湿は肌に浸透させた水分を閉じ込めることであり、保湿自体が肌に水分を与えるわけではありませんから、
まずはしっかり水分を肌に与え浸透させ、そして保湿をして水分が肌から逃げないようにする。
これが正しく行われているだけでほうれい線が現れることを防ぐことができます。

 

乾燥肌にならないこと。これがほうれい線予防で1番大切なことなのです。

 

予防策として次に大切なものは、日焼け対策です。
紫外線を浴びている肌はほうれい線が出やすいといわれています。日焼け止めを利用し、
極力日焼けを避けること。そして、βカロチンなど抗酸化作用のある栄養素が含まれた
食品を積極的に摂取することで、万が一日焼けをしてしまったとしてもそのダメージを
できる限り減らすようにします。

 

紫外線による肌へのダメージを与えない、そして紫外線による肌へのダメージを
残さないことをしっかり意識して紫外線対策を行いましょう。

 

そして、もう1つは表情筋をよく動かすことです。
それによって顔の筋肉にしっかり筋力がつき、皮膚が垂れ下がってしまうことを防ぐことができます。
喜怒哀楽をしっかり表情に表すこと。笑うことだけが良いというわけではないのです。
表情豊かな生活を送ることがとても大切であるということを覚えておきましょう。

 

もちろん、生活習慣の改善や睡眠時間をたっぷりとることも予防策としては
大切なものといえますが、ほうれい線の予防に特に大切な3つは上記になります。
きちんと意識して、ほうれい線予防に努めましょう。

 

2014/07/23 01:46:23 |

ほうれい線は誰にでもあるものなので完全に消すということはできません。
人の表情筋の動きからして必要不可欠でもあるからです。

 

ほうれい線が現れたのではなく、あくまで“目だってしまった”と考えるべきで、
それを目立たなくさせるためにマッサージをしたり化粧品を使用したりするわけです。

 

 

もちろんこれらの方法でちゃんと効果を得られるようにはなっていますが、
どうしても即効性というものには欠けてしまいます。

 

ただ、自分で行うケアでは効果を得られるまでのスピードはたかが知れていても、
美容外科でほうれい線の対策を行えば最短1日で目立っていたほうれい線を
目立たなくすることが可能となります。

 

その方法としては、まずは注射です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなど人の皮膚に本来含まれている栄養素を注入することによって
皮膚をハリがあり潤いもある状態に導きほうれい線を目立たなくします。
もしくは、ボトックスという方法もあります。
ハリウッドセレブの間では最早当たり前の術法となっています。
これらの注射でほうれい線を消すメリットとしては日帰りで行うことができるために
入院の必要もなければ、手軽にできるという方法になりますが、反対にデメリットとしては、
持続性があまりなくすぐに効果が失われてしまうという点が挙げられます。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸は普段から肌に含まれているものなので使用上
違和感を感じることはそこまでありませんが、ボトックスに関しては表情筋が硬く
感じられ豊かな表情が作れなくなったり顔の筋肉が疲れやすくなるなどの
違和感を感じることがあること、そして元々の成分がボツリヌス菌であることから
リスクがあるというデメリットがありますので、手軽にできる分デメリットも大きいと言えます。

 

また、1回の施術時間は短くとも回数を重ねることが必要になるレーザーや超音波での
治療といった全く肌に傷をつけない方法もあれば、皮膚の下に糸を入れてそれによって
皮膚のたるみを引き上げるリフトアップ手術というものもあります。

このリフトアップの施術に関しては、糸や針を使うため肌に傷をつけることになりますが、
使用する糸がゆくゆくは溶けるものか、それとも溶けないものかによって持続時間を
調整することができるというメリットもあります。

 

美容外科で施術を受ければほうれい線はこのように簡単に目立たなくすることが可能なのですが、
お金も当然かかりますし紹介したとおり危険性のある方法もありますので、
自分で頑張ってもどうしようもなかったときの最終手段としておいた方が良いでしょう。

 

2014/07/21 01:41:21 |

ほうれい線というと、加齢によって現れるものというイメージがとても強いものだと思います。
ですが、実はこのイメージがそもそもの間違いと言われているのです。
ほうれい線は実は年齢に関係なく誰にでもあるものなのです。

 

それが目立つか目立たないかという違いだけで、加齢によって肌の水分が
減ってハリがなくなったり、筋肉が年齢と共に衰えて重力に負けて
垂れ下がってしまうことでほうれい線が目立ってしまうということになるだけで、
若い人にもほうれい線はあるのです。

 

 

しかも、ほうれい線が目立つのは加齢だけが理由になるわけではありません。
ほうれい線が現れる原因は非常に種類が多く、年齢以外の生活習慣や食生活、
栄養バランスなど多岐にわたるためにそれらの原因に引っかかってしまっていれば、
若い人でもほうれい線がくっきりと現れてしまうこともあるのです。

 

 

ほうれい線が目立つことになる原因としては、肩凝りや首の凝りなどで体の血流が悪くなってしまったり、
目の疲労やストレス、体全体の疲労なども関係してきますし、紫外線が原因となることも実証されています。

またあまり関係ないと思われがちなヘアスタイルや寝るときの姿勢、普段の癖などが関係してくることも分かっています。
例えばポニーテールなど日常的に髪をきつく縛るヘアスタイルとしていると、皮膚が引っ張られ、
ほどいたときに皮膚がたるむことでほうれい線としてそのたるみが現れてしまったり、
同じ方向に横向きばかりで寝ていると、重力で皮膚がたるみ片側だけほうれい線が現れたり、
頬杖をいつもついているような人はやはり皮膚が引っ張られてほうれい線が現れやすくなったり
ということが挙げられます。

 

また食生活や睡眠時間の乱れなども深く関わってくることも分かっています。

 

ただし、ほうれい線といっても結局は肌そのもののシミやそばかすといったトラブルと
根本的な解決方法は同じになりますので、そこまで身構える必要はありません。
当然、できてしまったものはどうしようもないというものでもありませんので、
冷静に原因を突き詰め、対処していきましょう。

 

2014/07/20 01:36:20 |

ほうれい線は努力とケア次第で自分で目立たなくさせることが可能なものです。
ですが、正しいケアの方法が分からなかったり、自分でケアをしても目に見えるほどの
改善が見られないなどといった自身でのケアに限界を感じてしまった場合や、
とにかく今すぐ目立たないようにしたいという切羽詰った状況になったときには
プロの手を借りるというのも1つの方法と言えるでしょう。

 

ほうれい線を消すプロとなると、エステサロン。
エステサロンで展開しているフェイシャルエステで施術を受けることで
ほうれい線にすぐに効果のあるケアをしてもらうことができます。
自分で行うマッサージよりやはりプロの手によるマッサージの方が効果的ですし、
たった1回受けただけで目に見えてほうれい線が薄くなるというのも決して珍しいことではありません。

 

有名なところですとエルセーヌやスリムビューティハウスのフェイシャルエステでの
ほうれい線ケアが非常に定評が高く人気があります。

 

マッサージだけではなく、肌への水分補給や保湿などを目的としたフェイスパックや
体全体の血流を良くするケアなどまで行ってくれますので、乾燥肌や肌への栄養不足、
体の血流が滞ってしまっているなどといった表情筋だけの理由でほうれい線が
目立ってしまっているわけではない人にも十分に効果が期待できます。

 

ただし、価格はやはりそれなりの金額となっており、エルセーヌでは10回で15万円程度、
スリムビューティハウスでは6回コースで6万円程度となっており、それなりにお金がかかる
ということも覚えておいてください。

 

ただしどちらも体験コースを用意しており、1回だけケアをしてもらうことは可能です。
エルセーヌでは初回体験コースに限り3000円、スリムビューティハウスでは初回に限り
60分コースが6000円とお手頃な価格でフェイシャルエステを受けることができます。

 

1度体験してみて納得できる効果を実感できればそれでOKですし、
効果は実感できたけれど、まだ足りないようであれば本格的にコースを申し込むなど、
体験コースを上手に利用してフェイシャルエステでのほうれい線ケアが自分に
合っているかどうかを確かめてみましょう。